読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒業式

f:id:sabotenn_chan:20170212163411j:plain

卒業式の日。成人式の日。入社式の日。
いつだってイベントごとの日は両親をがっかりさせた。


卒業式ー。
悲しいほど綺麗なままの卒アル。
卒業式を終えた子達が集まって、門の前の桜並木で写真を撮っており、その周りでは父母が談笑している。そんななか、たった一人で一番早く門を出てくる我が子。
そんな子供の姿を見て、母はどう思っていただろうか。
私は、彼等の立つ桜並木には、一生立つことができないだろうと思った。


成人式ー。
これも、身内だけの、小さな小さな儀式。
誰に見せるわけでもないのに着物を着て、誰に見せるわけでもないのに美容院でスタイリングして、最後に家の前で写真を撮った。
テレビをつけると成人式の話題ばかりで、華やかに盛り上がる新成人達の姿を見て、わたしは心底面食らった。
卒業式の時感じたあの予感は、あながち間違いではなかった。


入社式ー。
本来であれば入社しているはずの年に、私はそれができなかった。
真新しいピカピカのスーツを着て、意気揚々と歩く新入社員達の姿を町で見て、母は何を思ったのだろう。




これからも、何かイベントごとがある度に、家族を悲しませるだろう。そして何より私自身が挫折し、絶望しなければいけない。
華やかなイベントの裏にこうした人種もいたのだということを、記録に留めておく。

広告を非表示にする