読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の好きな場所

f:id:sabotenn_chan:20170210173426p:plain
下北沢に、小さなブランドが集まったアクセサリーショップがある。
そこには小さなスペースに小さな棚がたくさん並んでいて、小さな棚の中にこれまた小さな小さなアクセサリーが
とても大事そうにちょこんと展示されている。
それぞれのブランドの世界がそれぞれの棚の中に展開されていて、
例えばパステルピンクの原宿系ゆめかわいいアクセサリーの棚の横に、
電子部品を加工したどこを探しても見たことのないような抵抗やコンデンサなどのアクセサリーの棚があったりするような、
それはそれはカオスな宇宙になっている。
私はそのような宇宙にあっていつも、まるで今日身につけるアクセサリーを無限大の中から選べるお姫様になったような、もしくはアクセサリーケースに入り込み私もそれらの一部になったかのような気分でいる。


しかし、そのような空間にあって唯一、お城に土足で乗り込み私の心を乱すのは、カップルの存在である。
こんな場所に二人で買い物に来て、「これは似合いそう」「これ買ってあげる。」などと談笑している。
確かにかわいらしいレースにお花の飾りのネックレスは、私なんかよりもその娘にずっとずっとよく似合う。
その姿があまりにもこの空間に溶け込んでいて、私は城から追い出される。




私は今日も城の中からアクセサリーを持ち出せずに、帰りは王将で敗者の晩餐会を催そうなどと画策している。

広告を非表示にする